Toshibon's Blog Returns

髪結いの亭主 物書きの妻

妻の帰還

マッターホルン、アイガーの登頂を果たした妻が、昨日、無事帰国した。


アイガーはマッターホルンより登る人が少なく、慣れたせいか高度順応もうまくいき、快適な登山だったという。ただ技術的には氷壁などのあるアイガーのほうが難易度は高かったようだ。マッターホルンのほうはひたすら岩登りが続く体力勝負の山で、ルート途中にある小屋に出発してから3時間以内に到着しないと強制下山させられるそうだが、それも時間内で難なくクリア。アイガーでは、ガイドに「どのくらいのペースがいいか」と聞かれ、「このくらいゆっくりしたペースがいい」と言ったら、「これはゆっくりではなく早いほうだ」と驚かれたとのこと。どちらもガイドがしっかりサポートしてくれ、ルートファインディングなどに苦労しなくて済むこともあって、平均的な登山タイムより早かったという。


先日、NHKBSで放送していた「日本の名峰」という番組で、今井通子さん(アイガーなど三大北壁女性初登攀という快挙をなしとげた登山家)が、ヨーロッパの山は岩の質が花崗岩でザラザラしているが、日本の谷川岳などは変成岩でツルツルしているので日本の岩場のほうが難しい、と言っていた。残雪期の北アルプスの高峰や谷川岳などに登頂できる程度の技術・経験があれば、ヨーロッパ・アルプスもそれほど難しくはないということか。とはいっても、短期間で岩登りのテクニックを収得した妻のチャレンジ精神と集中力には感心するばかり。それになんといっても凄いのがスタミナと体力。ガイドさんも日本のおばさんパワーにビックリしたんじゃないかな。


ただ、妻が元気な姿でみやげ話を聞かせてくれるのはうれしいが…。なんだか私のついていけない世界にいるようで、少しサビシイ気も…。もしかすると日本人初の女性宇宙飛行士、向井千秋さんの帰還を待つ向井万起男さんもこんな心境だったのかしらん(といったら、向井万起男さんに失礼だが)。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。