Toshibon's Blog Returns

髪結いの亭主 物書きの妻

岡本太郎の沖縄、秋田

岡本太郎の『沖縄文化論―忘れられた日本』(中公文庫1996年/親本は1972年に刊行)を読んだ時の衝撃は、今でも忘れられない。


1959年、岡本太郎は米軍占領下の沖縄の島々に足を踏み入れ、初めてその文化・風土に出会う。そこで体感した沖縄の本質を、岡本太郎はこの本で「何もないことの眩暈(めまい)」というフレーズで、言い表してみせた。それまで私自身の沖縄、南西諸島への旅と、折口信夫や柳田国男など民俗学者たちの著作を通して感得してきたものと、そのことばがぴたりと重なった。私が衝撃を受け共感したのは、太郎の鋭敏な直感力、単なる美術家の枠を超えた知性と洞察力だった。この人は凄い!


何の手応えもなく御嶽を出て、私は村の方に帰る。何かじーんと身体にしみとおるものがあるのに、われながら、いぶかった。なんにもないということ、それが逆に厳粛な実体となって私をうちつづけるのだ。ここでもまた私は、なんにもないということに圧倒される。それは、静かで、幅のふとい歓喜であった。
 あの潔癖、純粋さ。―神体もなければ偶像も、イコノグラフィーもない。そんな死臭をみじんも感じさせない清潔感。神はこのようになんにもない場所におりて来て、透明な空気の中で人間と向かいあうのだ
」(『沖縄文化論―忘れられた日本』より)


この文章は、琉球の創世神アマミキヨが天からこの島に降りてきて国づくりを始めたという、琉球神話の聖地である久高島、その島第一の聖域であるクボー御嶽(うたき)を訪れた時の印象を記したものだ。ここでの神秘的な体験が、『沖縄文化論』を生んだと太郎のパートナーであった岡本敏子が本書の解説で述べている(ただし、クボー御嶽は男子禁制で、島民でさえ普段は近づかない聖なる場所であり、太郎の行動は禁忌破りという問題を含んでいることは指摘しておく必要がある)。


1957年、岡本太郎は日本列島の文化を検証する旅に出る。その旅の記録は『藝術新潮』に「藝術風土記」として連載され、『日本再発見』として刊行されるのだが、旅の最後に赴いたところが「忘れられた日本―沖縄」であった。では、日本再発見の旅として最初に訪ねた場所はどこであったか。それは「秋田」であった。
 
今、秋田県立美術館2Fで「岡本太郎~仮面がいざなう旅~『藝術風土記秋田』」が開催されている(主催は<財>平野政吉美術館。11月23日まで)。展示の中心となるのは、1957年2月12日から16日にかけ、太郎が『藝術風土記』の取材で初めて冬の秋田を訪れて撮影したモノクロ写真28点だが、その前年に撮った縄文土器の写真と、それらの写真に付随してなまはげ面や秋田県出土の縄文土器なども実物展示していて、「岡本太郎が捕らえた秋田」を多面的に展観する内容となっている。


なかでは、やはり一連のなまはげの写真が目を引く。太郎が見たのは男鹿市船川港の芦沢地区のもので、急きょ招集された若者たちが衣装を着け、面を被り、なまはげになる。その過程を見ていた太郎は、ここでも鋭い直感を働かせ、なまはげの本質をズバリ突くことばを残している。


「<なまはげ>自体はそもそも鬼なのかどうか、問題がある。それはあらゆる原始的な人間社会に見られる<霊>のあらわれである。何だか知らないけれどそんなものがヒョコヒョコ出てくる。生命の底の深みから―そういう生活に彩られた魔である」
「(なまはげが)人間だってことは見えすいている。怪物だが、それにしても、人間のしっぽを出しているような不恰好さはユーモラスだ。これらは、鬼なり動物なり、神なりになりきっていない。人間でありながら、そのまま人間を超えている。どちらでもあるという、その交錯に意味がある。鬼は鬼であって、人間ではない―という風に、ゲンゼンと戸籍がわかれてしまたのはかなり文化が進んで、原始的信仰が失われてからのことだ。それ以前は、人間と霊とは自在に交流していた」(『日本再発見―藝術風土記』「秋田」より)


私は正直なところ岡本太郎の絵はいまひとつピンとこない。だが、そのことば、文章には大いに心を動かされる。名文だと思う。などと偉そうに言うと、あんた何様のつもり?といわれそうだが。


ヒンシュクを買うついでにこの際だから、平野政吉美術館の目玉である藤田嗣治の大作「秋田の行事」についてもひとこと。今回の「岡本太郎」展のついでに、久しぶりにじっくり「秋田の行事」を見たのだが、やっぱり好きになれない。この絵からは心に響くもの、ありふれたことばで言えば<感動>が伝わってこないのだ。この絵には何かが欠けている。それは秋田という土地を寿ぐための<愛>のようなものだろうか…(あくまでtoshibonの私見デス)。


10年ほど前に東京青山の岡本太郎記念館で買い求めた「犬の植木鉢」バッジ。太郎グッズのひとつだが、今は売っていないようだ。


追記
展覧会では、岡本太郎を案内した小玉得太郎邸(旧飯田川町)での晩餐の写真が展示されていて、そこには太郎の養子になる前の平野敏子(岡本敏子)さんの姿も写っている。敏子さんは太郎の旅に同行し、発した言葉を漏らさず書き残した。岡本太郎の著書は口述筆記が多く、それらはほとんどこの人がまとめたものといっていい。


※Toshibon’s Blog Geo「これがナマハゲだ!」
太郎が見た芦沢地区のなまはげ面は、2004年に発行された『ナマハゲ―その面と習俗』の表紙を飾っている。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。