Toshibon's Blog Returns

髪結いの亭主 物書きの妻

胃ガン?

先月に行なった市の健康診断の胃ガン検診(X線検査)で、「異常の疑いあり」の通知が来た。胃の出口、十二指腸につながる幽門部というところに腫瘍らしき隆起があるので医師による精密検査を受けてくださいとのこと。


これまで健康診断には一度もひっかかったことはなかったので、まさかとは思ったが、やっぱり心配になってすぐにN総合病院の消化器科を受診した。ところがやたら混んでいて、医師宛の紹介状を持っていっても2時間近く待たされ、あげくに内視鏡(胃カメラ)検査は予約制なので来週あらためて来てくださいと言うではないか。ハァ?とは思いつつも検査の予約をして帰り、妻にそのことを話すと、「不安をかかえて一週間も待つなんて、病気じゃなくても病気になってしまう。明日別の病院に行ってすぐに検査してもらいなさい! ったく、優柔不断なんだから!」と一喝されてしまう。その通りなので(私の決断力のなさを責める妻の言うことは、ほとんどの場合正しい)、以前診察してもらったことのあるY内科を受診。胃カメラを飲むのは3回目。あまり気持ちのいいものではないが、今回はカメラを入れている間中、若い看護婦さんが背中をずっとさすってくれるというサービス?付きだったので、意外なほどリラックスできモニターを見る余裕もあった。モニターには確かに幽門部のところにポリープ状のふくらみ(びらん)が映っていた。が、悪性のものではないから放置しておいても心配ないものらしい。それ以外は胃壁はきれいで特に問題はない、と医者は言う。つまり…異常なしとのこと。エッ、ホントに???


私の父は10年前に肝臓ガンで亡くなっているし、母は子宮、直腸、大腸、と3度のガン摘出手術をしている(未だ存命、凄い生命力!)。母は8人兄弟だが、すでに亡くなった5人のうち4人はガン、それも長兄と次兄は50代で胃ガンで亡くなっている。まさにガン体質の家系である。それに私はもともと胃が丈夫なほうではなく、仕事での寝不足やストレスが続くと最初に変調をきたすのが胃で、いまも時々嘔吐や食欲不振に悩まされる。そんなこんなで、今回はもしかすると…、ついにきたかな…、などとマイナス思考になったことは確か。
で、そんなふうに思うと、これまでなんともなかった胃がほんとにシクシク痛みだしてくるのだから、不思議なもの。
でも、異常がなくてよかった。ほんとに…。みなさんも気をつけて…。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。