Toshibon's Blog Returns

髪結いの亭主 物書きの妻

年の瀬の手術

 ここ10年来、12月のクリスマスのころは、理由(わけ)あって東京で過ごすのが恒例となってきた。ところが、今年は例年通りとはいかず、自宅にこもった年末を迎えている。というのも、先週手術をして退院してきたばかりだから。


4ヵ月ほど前にTUR-P(経尿道的前立腺切除術)による前立腺肥大の手術をしたのだが、予後がおもわしくない状態がずっと続いていた。先月、とうとう尿道が癒着して固まり、尿が全く出なくなってしまった。医師の説明によると、手術後に4~5%の割合で起こる「尿道狭窄」という合併症だという。癒着したのは術後の処置で尿道が傷つけられかなり出血した箇所で、私としては医師に不手際があったように思えるのだが…。


手術は癒着した尿道を切開し縫合するというもので、聞くだけだといかにも痛そうだが、腰椎麻酔(下半身だけに麻酔が効く)の下で行うので痛みは全く感じない。前回の前立腺切除と比べるとそんなに難しくない手術で、1時間ほどで終わるかなと思っていたら、切開した尿道の奥に新たな狭窄箇所が見つかり、思っていたよりずっと重症だったことが判明。結局、手術は2時間余りかかった。


4か月前の前立腺切除術そのものは成功したようで、それはそれでいいのだが、予後に合併症でこんな目にあうとは思ってもみなかった。前回の入院は生まれて初めての入院・手術ということで、こちらも心構えというか覚悟を決めて臨んだのだが、今回は想定外の手術だったので億劫な気持ちが先に立ち、気がすすまなかった。退院後もカテーテル(管)を挿入し導尿バックをぶらさげた格好なので、ますます気が滅入る。おまけに退院してきたら寒波襲来で、この時期には珍しい大雪。体調がまだ完全ではないので、雪かきは身にこたえる。これではとても東京なんかへ行ける状態ではない、といったところ。


今年はなんか、最後の最後までついていないというか、ぱっとしない年だったなあ。私の嫌いな民主党鳩山政権が誕生したせいかな(苦笑)。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。