Toshibon's Blog Returns

髪結いの亭主 物書きの妻

美大図書館のシネマライブラリー

押井守の『イノセンス』を見ようと映画館に行ったら、あらあら、2週間前に上映が打ち切られていた。やっぱり、鈴木敏夫プロデューサーが参画して糸井重里なんかにキャッチ・コピーを作らせても、スタジオ・ジブリ作品のようなわけにはいかないんだなぁ(特にこんな地方都市では)。最大の観客層である女性は、何となく嗅覚で(近づかないほうがいいと)見抜いてしまうのだろう。カップルで見る映画でもないしね…。


時間がポッカリ空いてしまったので、川向こうの美術工芸短期大学に久しぶり寄ってみた。10年ほど前にこの近くに住んでいたので、時々、学生食堂や喫茶店、図書館などを利用させてもらっていた。訪ねるのは3年ぶりくらいか。


ここの図書館は美術工芸大学という性格から、当然のごとく美術関係の書籍が充実している。それと特筆されるのがビデオ、レザーデスクのマニアックな品揃え。エイゼンシュタイン、グリフィスなどの古典をはじめ、アンドレイ・タルコフスキーのほとんどの作品が揃っている。
何より驚くのが、ダゲレオ出版で発売しているアート系のレザーデスクの充実ぶり。アレクサンドル・ソクーロフの『静かなる一頁』やパトリック・ボカノウスキーの実験映画『天使』など、いったい誰が見るんだろう。


これまで気がつかなかったが、『イノセンス』に通底するパペット映画-イギリスの双子の兄弟、ブラザーズ・クエイの『ストリート・オブ・クロコダイル』、チェコのイジー・バルタの『闇と光のラビリンス』など、有名な人形アニメーション作家の作品も棚に並んでいる。この図書館は貸し出しはしていないので、そのうち再訪して館内でゆっくり鑑賞することにしよう。


それにしても、こんなところにこんなお宝ビデオがあることを、この街にひっそりと生息しているであろう押井守ファン、もといアンドロイドおたく、パペット・フリークは知っているのだろうか。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。