Toshibon's Blog Returns

髪結いの亭主 物書きの妻

希望と悲しみ

身体から異物が消えて、忘れかけていた想いでが、匂いの記憶のように
ふいにおとずれくる、朝……。
懐かしい友人「クヌルプ」が親しげに目の前に現れ、私を遠くへ誘う。
石畳の街路、窓のあかり、冬の旅。
どうしてこんなに悲しいのか。なのにささやかな希みが暖かく私を包み込む。

クヌルプ (新潮文庫)
クヌルプ (新潮文庫)
新潮社




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。