Toshibon's Blog Returns

髪結いの亭主 物書きの妻

きまぐれに1曲⑧ 九月の雨

「夏が終われば 秋が来る  ほんとに早いわ~♪」(森高千里「あるOLの青春」1990)。
季節はすっかり秋の気配。あんなに暑かった夏が随分前のように思え、懐かしいモリタカの歌を口ずさんでいる今日このごろ。


子どものころは夏が来ると、それが永遠に続くような気がしたものだ。ノー天気でどこかネジがゆるんでいる私は、その気分が抜けないまま大人になったようで、いまだに秋風が吹き始めると、夏よ終わらないで!と、ダダをこねる子どものような心持になる。要するに小学生のころから成長していないんだな。しかし季節は怠け者のtoshibonには無情(!)。モリタカの天才的な?歌詞の通り、「夏が終われば秋が来る」。
で、ここでの1曲はモリタカ・ソングではなく、9月の季節にちなんで、太田裕美の1977年のヒット曲、『九月の雨』を。
https://www.youtube.com/watch?v=yoYfq3xG8Kw

九月の雨
九月の雨
Sony Music Direct(Japan)Inc.
2017-04-26
デジタルミュージック

「季節に褪せない心があれば 人ってどんなに倖福かしら」の作詞は松本隆、作曲は筒美京平という日本ポップス史に名を刻む強力布陣。詞・曲・太田裕美の歌唱、そしてアレンジ! どれをとっても完璧だ。ストリングスと女声コーラスがバックを彩るこうした正統派Japanese Pops(歌謡曲)、最近は聴かれなくなったなぁ。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。