Toshibon's Blog Returns

髪結いの亭主 物書きの妻

夏至のころ

今日は夏至。 夏至に至る一週間くらい前の期間が一番日が長く感じる。私は今ごろが一年でもっとも好きな季節ではあるのだが、なぜが毎年夏至の前後は精神的に落ち込むことが多い。
過去の出来事ばかりが思い出され(それも恥ずかしさと後悔を伴って)、明け方早く目覚める、いわゆる早朝覚醒という不眠症に陥る。そのため日中に眠くなって、身体がだるく抑鬱的な気分になってしまう。今年は体調もよくないので特にそれがひどい。まあ、歳のせいでもあるのだけど。
それでも午後7時ころ、薄暮れのなかで、甘い香りを運んでくる初夏の心地よい風に吹かれていると、身体がサーッと羽ばたいていくような、前向きな心持ちになる。
下ばかり向いていないで、もうひと頑張りしなくちゃね…



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。