Toshibon's Blog Returns

髪結いの亭主 物書きの妻

盛岡でぶらぶら

毎年、1回~2回は盛岡へ行き、街をぶらついたり、喫茶店や蕎麦屋でボーッとしたりしている。が、今回は、これまで行こう行こうと思いながら機会を逸していた「みかんや」という店で一杯飲ろうと思い立ちやって来た。


「みかんや」のオーナーであるHさんとは数年前に岩手県の温泉ガイドブックを一緒に書いたライター仲間でもあるのだが、東京で学生生活を送っていた40年前、よく通っていたロックバーで彼女がアルバイトをしていたころから知っていた。


店のある場所は盛岡城跡(岩手公園)の北側、桜山神社のまん前。すっかり大御所居酒屋評論家と化した太田和彦氏が「日本一の飲み屋横丁」(ちょっとほめすぎ?)と言っている飲み屋街の一角。立地もtoshibon好み。こりゃおいしい酒が飲めそう…とルンルン気分(死語)で宿泊先のホテルから大通り商店街を通って店の前まで来たら、ドアに張り紙が。ガーン! 休業中だった!!
 
随分前から休んでいるらしい。がっくりきたけど、しかたがない。気を取り直し、すっかり夜のとばりがおりた中津川沿いの道を上の橋方面に歩き、前から気になっていた「くふや」という食べ物屋に入る。お酒と何かつまみを…と思ったのだが、一品料理はなし。ご主人に「うちは定食屋ですから」といわれてしまう。
 
で、お酒一本と「くふや定食」を注文。玄米とおかずが入っているのは曲げわっぱ。まさに正しい日本の食事。再び給金生活に戻ったので、日々の食事が乱れているtoshibon。こんなご飯を毎日食べていたい。ただ、完全にお酒モードだったのと、あまりお腹がすいていなかったせいもあって、半分くらい残してしまった。ご主人、申し訳ありません。
 
次は盛岡へ来たら必ず寄る「クラムボン」へ。この店の前身は岩手大学の近くにあった「セロ弾きの小屋」。Hさんの消息を人づてに聞いて、ここを訪ねたのは80年代初めのころだった。
 
その後、妹が盛岡にある民放TV局に勤めることになり引っ越しの手伝いをしたり、両親を案内したり、、、私がオーナーとなった飲食店に飾るタペストリーを盛岡の織物屋さんに頼んでみたり…。考えてみれば、この街との付き合いはもう30年以上にもなるんだなぁ。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。